バッテリーが上がったら

バッテリーが上がったら

バッテリーが上がったら

車の故障の中でもバッテリーに関連するトラブルは、パンクの次に多く、またほとんどの自動車ユーザーが車の故障としてバッテリーの故障、いわゆる「バッテリー上がり」などのトラブルを経験した事があるのではないでしょうか。
このバッテリー上がりの症状としては、あえて説明するまでもなくエンジンが掛からないといった症状になります。

 

基本的にバッテリーは走行中にエンジンの回転をベルトで伝達されたオルタネーターが発電し、その電気を蓄えていますが、バッテリーの寿命により蓄電能力が低下すると、せっかく発電した電気を蓄える事ができなくなります。

 

また、バッテリーはアイドリング中はほとんど充電できていませんので、オルタネーターの発電によってバッテリーを充電する場合は、車を走行状態にする必要があります。

 

なお、バッテリー上がりの対応として、正常なバッテリーの搭載車からブースターケーブルを使って電気を供給する方法がとられますが、この際に電源供給側の車のバッテリーの端子と、故障車のバッテリーの端子の接続間違いや、プラスマイナスの端子を接触させてショートが発生したりすると、バッテリーの爆発などの大事故に繋がる恐れがありますので、正しいブースターケーブルの つなぎ方の知識をしっかりと身につけておくことが大切です。

 

車 故障 症状,車 故障 原因,車 故障 エンジン,車 故障 バッテリー,車 故障 診断,エアコン 車 故障,車 故障 音,車 故障 修理,車 故障 保険,車 故障 相談

 

ブースターケーブルのつなぎ方

ちなみにブースターケーブル つなぎ方・取り外し手順は下記の通りです。

 

  1. 赤いケーブルを、バッテリーがあがった車のバッテリー+端子に繋ぐ
  2.  

  3. 赤いケーブルのもう一端を、救援車のバッテリー+端子に繋ぐ
  4.  

  5. 黒いケーブルを、救援車のバッテリー−端子に繋ぐ
  6.  

  7. 黒いケーブルのもう一端を、バッテリーがあがった車のエンジン本体(エンジンハンガーフックなど)に繋ぐ

 

 

ちなみに4で、ケーブルを車の−端子に繋がないのは、ケーブルと端子が接触するときにでる火花でバッテリーから出る水素ガスに引火し、爆発するのを防ぐためです。

 

外す順番は、繋いだ順の逆です。

 

車載しておけばもうバッテリー上がりも怖くない!大容量モバイルバッテリーの実力

 

バッテリー上がりは突然に起きる事も少なくありません。

 

バッテリー自体が劣化して電気を蓄える能力が低下した状態になる、所謂「バッテリーの寿命」が近い状態だと、それまで何も問題なく走行で来ていた車でも、駐車してエンジンを切り、ACC状態で10分程度オーディオを聴いていただけで、エンジンが掛からなくなるといった事が起こります。

 

また走行中はオルタネーターで発電し、その電力をバッテリーに蓄えて、それを消費しながら走っていますが、蓄える能力が低下するといくら発電して供給しても受け入れれないため、走行時の電力消費を補いきれなくなり、やがてバッテリーが空になり走行中でもバッテリーが上がってしまう状態になります。

 

実際に私の所有しているマツダMPVのバッテリーが寿命近くの状態になっている時、買い物に出かけた先の駐車場で、私と妻が買い物をしている間に、子供たち車の中で音楽を聴いて待っていました。

 

当然イグニッションはACCの位置でしたが、買い物が終わって車に戻り、イグニッションONにしてエンジンを掛けようとすると、セルモータは全く回らず、エンジン始動不能状態に。

 

この時は買い物をしていたお店ののすぐ隣が、たまたま運よくイエローハットだったため歩いてイエローハットの店舗に行きバッテリーを購入、店員さんに事情を説明するとバッテリー上がりの車両のところまで購入したバッテリーを持ってきてその場で交換作業をしてくれました。

 

寿命となったバッテリーも引き取って頂き、イエローハットのサービスの良さに感心しましたが、
、バッテリーが上がった時にいつもこのように近くにカーショップがあるとは限りません。

 

また、バッテリー上がりに備えてブースターケーブルをいつも車に積んでおく方法もありますが、数mの長さのプラスとマイナスのケーブルはトランクルームのスペースをかなり占有してしまいますし、知らず知らずのうちに他の物の下敷きになったりして、いざという時にすぐに取り出せない・・といった事にもなったりします。

 

さらに、ブースターケーブルによる電源供給の最大の問題は、「電気を供給してくれる相手が必要」という事です。

 

いくらブースターケーブルを常に車に積んでいても、例えば人里離れた山奥で、自分以外の車が通らないような場所で突然バッテリー上がりになったら、電源を供給してくれる相手がいなければブースターケーブルは無用の長物以外の何物でもありません。

 

 

こういった事を考えると、バッテリー上がりの対処は自力で完結出来るのが一番で、それを可能にするのがこの大容量モバイルバッテリー「チャースタ」です。
車 故障 症状,車 故障 原因,車 故障 エンジン,車 故障 バッテリー,車 故障 診断,エアコン 車 故障,車 故障 音,車 故障 修理,車 故障 保険,車 故障 相談

 

「チャースタ」の詳細と、ジャンプスタート実践レポート
【購入・実践レポート】 チャースタ モバイルバッテリーの詳細

 

 

高年式で走行距離が多くても、買取一括査定なら値段が付くかもしれません!

車 故障 車両

【体験談@】私の愛車も年式が古くなり、走行距離も増えて故障がちで修理代が馬鹿にならないので、買い替えを決意!
試しに一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみた所、10万キロ以上の走行車ですが、17万円で買い取ってもらえました。
ディーラーの下取り査定では0円でしたが、やはりディーラーの下取り価格だけで満足してはいけないんだなと、実感できました。


車 故障 症状,車 故障 原因,車 故障 エンジン,車 故障 バッテリー,車 故障 診断,エアコン 車 故障,車 故障 音,車 故障 修理,車 故障 保険,車 故障 相談

【体験談A】不運にも事故ってしまいフロントが大破した愛車。 値がつくとは思えない状態だったので、廃車覚悟で引取りだけでもお願いできないか依頼したところ、驚きの金額で買取っていただけました。
事故車も値段がつく理由を教えてもらい納得できました。

私が一括査定で利用したのは、「かんたん車査定ガイド」というサービスですが、最大10社からの一括査定を受け取る事が出来ます。


一括査定の申し込みはわずか1分
すぐに自分の愛車の一番高い査定額を知る事が出来ます。

車 故障 症状,車 故障 原因,車 故障 エンジン,車 故障 バッテリー,車 故障 診断,エアコン 車 故障,車 故障 音,車 故障 修理,車 故障 保険,車 故障 相談「かんたん車査定ガイド」の一括査定はこちら

バッテリーが上がったら関連ページ

車の故障原因と症状の種類
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障原因と症状の種類について紹介しています。
車の故障 エンジン本体が故障した場合の症状とその原因
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障 エンジン本体が故障した場合の症状とその原因について紹介しています。
車の故障 エンジンの潤滑系が故障した場合の症状とその原因
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障 エンジンの潤滑系が故障した場合の症状とその原因について紹介しています。
車の故障 エンジンの排気系が故障した場合の症状とその原因
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障 エンジンの排気系が故障した場合の症状とその原因について紹介しています。
車の故障 エンジンの排気系が故障した場合の症状とその原因その2
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障 エンジンの排気系が故障した場合の症状とその原因その2について紹介しています。
車の故障 エンジンの吸気系が故障した場合の症状とその原因
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障 エンジンの吸気系が故障した場合の症状とその原因について紹介しています。
車の故障 エンジンの冷却系が故障した場合の症状とその原因
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障 エンジンの冷却系が故障した場合の症状とその原因について紹介しています。
車の故障 エンジンの吸気系 ターボチャージャー
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで車の故障 エンジンの吸気系 ターボチャージャーについて紹介しています。
大容量モバイルバッテリー「チャースタ」について
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで大容量モバイルバッテリーチャースタについて紹介しています。
エンジンからの異音発生について
車の故障の原因と症状の、車の故障 エンジンで、中古車で購入したマツダMPVの、エンジン異音に関する情報を紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
車の故障 エンジン 車両系の故障 いろいろな車の故障 電装系の故障 プライバシーポリシー